Skip to: Site menu | Main content

We are committed to make effort to achieve SDGs.
株式会社 成宏電機


わたしたち、「成宏電機」は、「無」から「価値」を産み出す総合エンジニアリング力にて、皆さんの生活を「縁の下」から、「ガッチリ」支えています。

持続可能な開発目標(SDGs)への取り組み

 わたしたちは、政府が進める「SDGs達成に貢献することをコミット」し、第1回ジャパンSDGsアワードにて「SDGs内閣官房長賞」を受賞した「学校法人金沢工業大学」と連携し、「地方創生」の旗印の下、17のゴールの内、


  「7 エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」
  「9 産業と技術革新の基盤をつくろう」
  「11 住み続けられるまちづくりを」

の課題解決に取り組んでいます。


1.SDGs達成のための具体的取り組みと17ゴールとの関係

再生可能エネルギー(太陽光・風力・水力・地熱・バイオマス等)による自産自消モデルの縮図モデルを金沢工業大学白山麓キャンパスに設置し、エネルギーの相互融通、自立制御・最適運用の開発に取り組んでいます。
また自社工場では、太陽光発電、風力発電とリチウム電池を組み合わせ、ゼロエミッションファクトリー化(下記写真)を実現しています。現在、季節間のデータを継続的にサンプリングし、最適制御アルゴリズムの開発を行っています。

制御盤外観制御盤内部

ZEB(ZEF)実証試験システム制御盤
(自社開発システム)

モニタ

ZEB(ZEF)実証試験システムモニタ部分
(タッチパネルより様々なパターンの実証が可能)

リチウム電池風力発電

ZEB(ZEF)システム用リチウム電池ラック・風力発電システム
(ベストミックス検証)

サンプリングデータ例サンプリングデータ例

ZEB(ZEF)システムでサンプリングされたデータ
(季節/天候の違いによる傾向をサンプリング)




金沢工業大学との連携を軸に大手電力会社、大手総合電機メーカや、大手電源メーカなどとも会社の垣根を越え、ディスカッションを重ね、最適解の追求を進めています。
具体的には、「電気利用」の観点として、交流(AC)よりも効率が良いとされる直流(DC)電源の更なる効率制御や、熱利用の観点からは、バイオマスボイラによる排熱の空調利用など、各社の得意分野を持ち寄り、それら制御技術の融合・昇華を目指し、多くの実績を挙げつつあります。

バイオマスボイラシステムバイオマスボイラシステム

バイオマスボイラを使った熱電併給実証試験システム
(金沢工業大学との共同研究)




『自産自消モデル』として災害時でも自立してエネルギーを供給出来るシステムを目指しています。これにより近年発生した北海道地方のブラックアウトのような大規模停電などが発生しても、自立してエネルギー供給が出来るため、安心して住み続けられるコミュニティモデル(エネルギーレジリエンス)が実現可能となります。
具体的には電気自動車(EV)の電池の積極的利用や、据置形電池、再生可能エネルギーによるベストミックス運用の制御方法の確立が核となります。既に弊社社屋ではその縮図モデルが構築され運用され並行して実証が進んでいます。

白山麓キャンパスV2X白山麓キャンパスV2X

EVと組み合わせた白山麓キャンパスV2X実証試験システム
(金沢工業大学との共同研究)





2.2019年度の取り組み

 昨年までに構築したDCスマートグリットに対し、エネルギーハーベスト部分の増強、システムの強靱性(レジリエンス)評価のための実証設備を導入中です。

風力発電システム

白山麓キャンパスに設置した風力発電機
(金沢工業大学との共同研究)

 身近なエネルギー源から少しずつエネルギーを集め、それを上手に使うことで、エネルギーの自産自消を目指すべく多くの実証評価を進めています。 現在、「電気・電子工学」「経営工学」「情報工学」「機械工学」と学科を跨いだ取り組みを行っており、論文発表やメディアへの登場機会が随分増えてきました。

【論文等発表実績】
  1. 泉井, 稲田, 川崎, 齋藤, 夏梅, 浜下, 橋本, 杉本:"エネルギーマネージメント実証実験(1)−EVと定置型蓄電池によるピークシフトについて−, 2019年度 電気・情報関係学会北陸支部連合大会

  2. 泉井, 川崎, 稲田, 齋藤, 夏梅, 山崎, 浜下, 橋本, 杉本:"エネルギーマネージメント実証実験(2)−EVと定置型蓄電池を活用した自立運転について−, 2019年度 電気・情報関係学会北陸支部連合大会

  3. 泉井, 井村, 大橋, 夏梅, 齋藤, 田畑, 藤本:"エネルギーマネージメント実証実験(3)−DCマイクログリッドの電圧による自律分散型制御−, 2019年度 電気・情報関係学会北陸支部連合大会

  4. 田畑浩数,夏梅大輔,松井康浩,藤本雅則,齋藤正史,泉井良夫:「熱と電気によるエネルギー地産地消実証実験の取り組み」,クリーンエネルギー、2019年7月号,p46-58

  5. Yoshio Izui, Daisuke Natsuume, Masashi Saito,Hirokazu Tabata, Masanori Fujimoto: "DC Microgrid Experimental System at KIT Hakusan-roku Campus for Regional Areas", The 3rd IEEE ICDCM (International Conference on DC Microgrids), 2019-05

  6. 田畑浩数,夏梅大輔,橘泰至,齋藤正史,鈴木康允:「太陽電池モジュール劣化診断手法の開発」,電子情報通信学会技術研究報告、117 (71), pp.235-240, 2017-06




3.SDGs達成のためのマイルストーン

 上記の目標に対し、関係各所と連携し、下表のようなテーマとスケジュールで多くのステークホルダと協力し、取り組んでいます。

取り組みスケジュール

 わたしたちの得意分野であるエネルギー、FA分野のスキルを活かし、国連・政府が掲げるSDGsの取り組みにコミットし、目標とするゴールを設定した上で、 理想から「バックキャスト」された項目の課題解決に取り組んでいます。